SessionStorageの使い方

 WebStorageの機能の1つとして、SessionStorageというものが用意されている。これは、ブラウザのページが遷移しても消えないが、LocalStorageと異なりブラウザが終了すると消えるデータ領域である。

 標準規格ではSessionStorageの実装はグローバル変数sessionStorageにされているが、ブラウザによっては、sessionStorageにアクセスしようとすると無条件に例外を投げるものがあるため、クロスブラウザ対応のためにオブジェクトの存在の有無をチェックするのにいちいちtry~catchする必要がある。これがわずらわしいので、ここではsessionStorage_変数を新たに定義して、sessionStorage変数への直接アクセスを回避する。

var sessionStorage_;
try {
	if(typeof sessionStorage!="object"){sessionStorage_=null;}
	else{sessionStorage_=sessionStorage;}
}catch(e){
	sessionStorage_=null;
}

 sessionStorage変数に定義されているメンバ関数はlocalStorageと同じである。したがって、メンバ関数の定義の説明は割愛する。

カテゴリー: html5_storage   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

コメントを残す