HTML文書の構造

まず、HTML文書の最低限の取り決めの説明から。下記サンプルコードにあるように、DOCTYPE宣言でhtmlを指定するとhtml文書の宣言になります。テキストエディタを開いて編集し、ファイルの拡張子をhtmlに設定すればとりあえず完了です。

<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
<title>This is title</title>
</head>
<body>
<!-- ここにdocument bodyを記述します -->
</body>
</html>

日本語を使う場合は、下記のように宣言します。文字コードはUTF-8を推奨しています。

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<head>
<meta http-equiv="content-type" content="text/html;charset=utf-8">
<title>This is title</title>
</head>
<body>
<!-- ここにdocument bodyを記述します -->
</body>
</html>

IE6などHTML5から大きく外れたブラウザでもHTML5を利用したい場合はbelatedPNG.jsなどを手に入れてhead内に下記のようなコードを追加します。

<!--[if IE]>
<script type="text/javascript" src="http://html5shiv.googlecode.com/svn/trunk/html5.js"></script>
<![endif]-->
<!--[if IE 6]>
<script type="text/javascript" src="lib/belatedPNG.js"></script>
<script type="text/javascript">DD_belatedPNG.fix('*');</script>
<![endif]-->

 

カテゴリー: htmll5_style   タグ:   この投稿のパーマリンク

コメントを残す